秋にぴったりの食材を使った炊き込みご飯

もともと料理は苦手なのですが、最近花嫁修業を兼ねてようやく料理レシピを片手にキッチンに立つようになりました。
夏場だと暑さにやられてしまい、つい体力も落ちがちでしたが秋を感じ始めると食欲もモリモリ。
秋といえば旬の食材が多く、店頭にも多くの食材が並びます。
さんまや松茸も秋の食材です。
手ごろな価格で手に入りやすいさんまを使った料理はないかとインターネットで探していると、まさに今しか作れないレシピがたくさん見つかりました。
薬味とさんまとごぼうを使った手軽な炊き込みご飯でした。
お米、さんま、ごぼう、しろだし、みりん、酒、万能ネギ、紅しょうが、白ゴマ、刻みノリ、すだち、塩と身近にある調味料と食材だけで手軽に作ることができました。
ごぼうの灰汁抜きとさんまの下処理に少し時間がかかるだけで後は順番に従って、調味料や食材を炊飯器へ入れるだけ。
夏に落ちた体力を取り戻せて、スタミナがあります。
さっぱりしてて食が進みます。
来年もまた挑戦してみたいですね。